“性別役割分担意識”はもう要らないー「男らしさ」「女らしさ」を超えるジェンダーレスな働き方の大切さ

2020年末、大手コンビニエンスストア・ファミリーマートの独自ブランド「お母さん食堂」が、アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)だとして、名称変更を求める署名活動が行われ、賛否が巻き起こった。筆者も署名した一人だ。 問 …

「ジェンダー×ハッシュタグ」運動 「私」の問題を「私たち」の問題に

2019年度はハッシュタグ(#)を通じたジェンダー運動が盛んな年だった。4月11日の#フラワーデモから始まり、#kutoo、#withyellowなど、様々なアクションが巻き起こった。どれも名もなき個人がSNSで呼びかけ、声を上げていくアクションだ。