社会的マイノリティに配慮した英訳について考えたこと

日本語でも社会的マイノリティに配慮した言葉が数多くある。よく話題になるのは障害(者)※をどう表記するか。この場合、障害の「害」という字をあえて使わず、「障碍」や「障がい」と表記することも増えている。 ところ変わってアメリ …

子を望む夫婦に知ってほしい。特別養子縁組で「家族」を迎える選択肢

筆者個人の話だが、以前、不妊治療を受けていた時期がある。 通ったのは、高度な不妊治療技術で評判のクリニックだった。いつ訪れても、待合室は大勢の女性とそのパートナーであふれ返っていた。それだけ子どもが欲しいと願う夫婦がいる …

NPOに求められる「速く」と「じっくり」

日本NPOセンターは2021年度に25周年を迎える。それにあわせて昨年度から現在の中期ビジョンの見直しの議論を進めている。 現在の中期ビジョンは2018年に策定。サブタイトルを「価値創出の推進役へ」とした。当時、休眠預金 …

シームレス化する営利と非営利

あるNPOの会議で、ボランティアと営利企業の関わりについて、大きな議論があった。「農村地域で耕作放棄された土地を株式会社が管理・運営している。農繁期のお手伝いするために、援農ボランティアを法人のWEBサイトで広く募集をす …

震災から10年を振り返る「活動の成果は子どもたちからもらった」

2021年3月11日、東日本大震災発生から10年の時を迎える。 宮城県石巻市で活動するNPO法人TEDICは、学習支援など子ども・若者支援を行う団体だ。代表理事の門馬優氏が東日本大震災に際し、故郷の石巻市でなにかできない …

8050問題からわかる進む深刻化と複雑化。中高年のひきこもり解決に必要なのは「家以外の居場所作り」

推定61万人以上。内閣府が2019年に発表した、自宅に半年以上閉じこもっている40歳〜64歳の人数だ。ひきこもりの期間は7年以上が半数を占め、15歳~39歳の推計54万1千人を上回っている。ひきこもりの長期化、高齢化が見 …

“性別役割分担意識”はもう要らないー「男らしさ」「女らしさ」を超えるジェンダーレスな働き方の大切さ

2020年末、大手コンビニエンスストア・ファミリーマートの独自ブランド「お母さん食堂」が、アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)だとして、名称変更を求める署名活動が行われ、賛否が巻き起こった。筆者も署名した一人だ。 問 …

国際障害者年から40年、障害者の人権が守られる社会へ向かうには

2021年、国際障害者年から40年が経過する。その間には、やまゆり事件や優生保護法被害など、障害のある人が対象となった痛ましい事件が起こった。NPO法人日本障害者協議会代表の藤井克徳さんは、1月に開いたオンラインセミナー …

いま、精神的困難を抱える若者にできる支援ーー就労との向き合い方、そして「はたらく」の始め方

ニートやひきこもり、うつ病などの精神疾患――。様々な困難を抱える若者たちには漠然とした将来への不安やキャリア不安がある。仕事も通学もしていない独身の「若年無業者」は71万人。厚生労働省の2017年調査によると、34歳以下 …

「中間支援組織」ってなんやねん

日本NPOセンターの研修などで参加者からよくきく表現「いわゆる中間支援組織で活動をしています」。 私はこの表現を聞くたびに思う。「中間支援組織ってなんやねん」と。使ってしまう気持ちもわからないでもないのだけれど。 内閣府 …

「助けて」と言えるつながりをー性教育を通して中高生に伝えたいこと。

〈性教育〉と聞いてどのようなイメージが浮かぶだろうか。「恥ずかしいもの」、「身体のつくりを学ぶもの」、「妊娠や出産の仕組みを知るもの」、さまざまなイメージがあるなかで性教育に向き合う 性教育コミュニティ『kokoro c …

コロナ禍―難民キャンプの子どもたちに「写真」を通した自己表現とつながりを

新型コロナウィルスの影響は中東ヨルダンにある「ザアタリ難民キャンプ」にも及んでいる。外出の自粛によって遠隔授業が行われているが、中にはスマートフォンなどのデバイス不足によって授業を受けられない子どももいる。限られた空間で …

「弱いきずなを大切にする」育児の不安にテキストメッセージで寄り添う

LINEの通知がなり今朝も「きずなメール」が届いた。「赤ちゃんの泣く理由がわからないときは・・・」、「うんちの色をチェック」といった育児の参考になることや「ママの体調はいかかですか?気分が沈みがち、赤ちゃんがかわいく思え …

広島から見た平和教育と核兵器禁止条約、日本の現状と課題

1945年8月6日 午前8時15分。広島に原爆が投下された日時だ。広島出身者が 県外で暮らすと、この日時が通じないことにショックを受けることがある。 私もその一人だった。周りにいる圧倒的多数の人が、その日、その時間を知ら …

あなたの「怒り」はどこから生まれてきたの?子育て中の親に伝えたいアンガーマネジメント

人間なら誰もが持っている喜怒哀楽の感情。その中でも「怒り」は時に周囲の人や自分自身までも追い込んでしまうことがある。日常生活のちょっとしたきっかけで「怒り」が暴力やいじめ、DV、虐待へつながってしまうこともある。 コロナ …

「マラリアのない世界へ」最後の1マイルの挑戦―複雑化する課題をけん引する複業ワーカー

マラリアのない世界はやってくるのか―。2000年頃に年間73万人だったマラリアによる死者数は、蚊帳の普及などにより15年間で45万人に減った。その後、持続可能な開発目標「SDGs」の目標で根絶をめざしているものの、現在は …

想像したい 路上生活の今と支援の未来〜ボランティア参加ルポ

先月16日、東京都渋谷区で、路上生活を送っていた女性(64)が男に殴られ死亡する事件が起きた。報道によると、女性は春から路上で暮らしていたという。 3992ー。これは今年1月現在、日本で路上生活を送っている人の数だ※。数 …

ミツバチのこと、誤解してないですか?-ニホンミツバチが教えてくれる自然のつながりと再生-

“ミツバチが絶滅すれば人類は4年後に滅びる”というアインシュタインの説を聞いたことがあるだろうか。 植物の受粉を担うミツバチは、生態系を育む鍵となる存在だ。しかし、国際連合食糧農業機関(FAO)によると、ハチや蝶は40% …

組織基盤とは、組織の危機への対応力
うどんのコシのような強さをめざそう

2011年に立ち上げた東日本大震災現地NPO応援基金のテーマを「組織基盤の強化」に設定してから、「組織基盤とは何か」を考える機会が増えました。「コロナ禍」にさらされている今年は、まさにそれぞれの組織基盤が問われています。 …

「1日1食」が1割以上 コロナ禍で収入減“ひとり親家庭”の実態

コロナ禍で「ひとり親家庭」の収入減少や親の食事量・回数の減少が浮き彫りになっている。NPO法人グッドネーバーズジャパン(GNJP)が9月に実施したアンケートによると「親の1日の食事回数」は2回が半数、1回も1割を超えた。 …

「聴導犬」知っていますか?見かけたときは「優しい無視」も大切

オレンジ色のケープをつけた「聴導犬」を見かけたことはあるだろうか。聴導犬は聴覚障害者に音を知らせてくれる身体障害者補助犬だ。目覚ましの音やお湯の沸く音などの生活サポートや、警報音を知らせて危険を回避することもある。日本聴 …

アジアのソーシャルセクター比較調査の結果からわれわれが学べること

先般、香港の調査コンサルティング機関であるCentre for Asian Philanthropy and Society(CAPS)が実施したアジア18カ国・地域のソーシャルセクター比較調査「Doing Good I …

持続的可能だとうたわれるバイオマス発電の裏にある矛盾した現状

バイオマス発電は本当に持続可能なのか。「バイオマス発電に使用される木質ペレット生産が環境社会に及ぼしている影響」を木質ペレット輸出世界一の米国の事例から学ぶオンラインセミナーを1日、国際環境NGO FoE Japanが開 …

ルーチンワーク化した協働 つぎの一手を考える

行政職員向けの協働セミナーを日本NPOセンターが初めて主催したのが2003年になります。第1回は「NPOと行政の関係を考える」と題し、「なぜ地域にNPOが必要なのか?」「協働を進めるにあたって何を考慮すべきか?」というテ …

核兵器禁止条約「発効」迫る 問われる日本の立ち位置

NGOのピースボートが21日、「核兵器禁止条約の発効」をテーマにオンラインイベントを開いた。核兵器禁止条約は2021年までに発効される見通しだ。発効後には「第一回締約国会議」も開かれる。 日本は条約不参加を貫いているが、 …